経歴 : パリでは、アカデミー・ジュリアン(アトリエ・アンドレ・デル・デビオ)とアメリカン・センター(アトリエ・イオン・ヴラド)に於いて、続いて、ラ・セル・サン・クルーでは、ジャックリンヌ・デイムとジャン=マルク・ランジュによるAssArtX(アトリエ大谷文男)に於いて、そして、メッドジッド・ウアリに師事。
マリー=クレール・ボワ=ボリは定期的に作品を発表していますが、パリ及び近郊では、「レアリテ・ヌーヴェル展」、「ガルシュ美術展」に出品しています。
アーティスト
pjL 2016

マリー=クレール・ボワ=ボリは、1974年、リムーザン地方産の花崗岩の直彫りを通じて、彫刻への情熱を見出しました。
著名な彫刻家に師事して技術を修得した後、彼女は、石、大理石、金属を用いて自己を表現します。具象であれ抽象であれ、繊細さと厳正さを込めた力強さと動きが、素材に投影されています。
20
年にわたる作品発表、そして、長年の経験により修得した様々な技術に基づいた可能性の追求により、彼女はフランス現代彫刻界において第一線に名を連ねています。